株式会社トライテック

パソコンでの一括管理

データの収集・保存

● SPテスターは、1000件分の測定結果を本体に記憶することができます。

● データの収集管理は、USBケーブルを介して、PCに接続しておこないます。

● テスター本体とPCを接続し、「SPテスター 設定・データソフト」を立ち上げて、本体からデータを読み込みます。

● 読み込まれたデータは一覧表に表示されます。

データの管理

● 読み込んだデータに測定したシリンジポンプの管理番号を入力することもできます。

● 病院独自のシリンジポンプ管理番号を付加して記録できるので、よりわかりやすい管理ができます。

ICタグ(RFIDタグ)によるデータ管理

● SPテスターにはICタグの読み取り、書き込み機能が標準装備されています。シリンジポンプ本体に別売のICタグを取り付ける事によって、計測時にICタグ内のIDコードを自動的に読み取り、継続データにシリンジポンプのIDを付加して記憶することができるようになります。

● 複数台のシリンジポンプを連続して計測しても、PCに読み込まれた時にシリンジポンプごとのデータが判別できますので、管理作業が大幅に効率アップします。

ICタグ(RFIDタグ)について、詳しくは弊社までお問い合わせ下さい

SP testerの「取扱説明書」をダウンロード pdf:5487kb

ページ先頭へ